書籍「レイ・アレン自伝 史上最高のシューターになるために」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

夫の玲央が翻訳を手がけた書籍「レイ・アレン自伝 史上最高のシューターになるために」が発売中です!(2019/1/7発売)

「レイ・アレン自伝 史上最高のシューターになるために」(amazon)(楽天)

一昨年10月に発売された「コービー・ブライアント 失う勇気」に次いで二冊目の翻訳本になります。

玲央はアメリカで生まれ、17歳までアメリカで生活し、本場のバスケットボールに触れて育ちました。

日本で有名なNBA選手といえばマイケル・ジョーダンですが、他にも素晴らしい選手はたくさんいて、それを伝えていくのが玲央にぴったりの仕事だと感じています。

私も全然詳しくなくて、玲央の書籍が出る度に選手の名前を知っていく有様なのですが、レイ・アレンはスリー・ポイント・ショット(ゴールすると3点が得点されるスリーポイントラインで区画されたスリーポイントエリア内で放たれたショットのこと)の現在のNBA記録保持者なのだそうです。

NBAファンはもちろん、周りでバスケットボールをやっている方にも是非教えていただきたいと思います!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください