電車ウォッチング – 東京駅 KITTEの屋上庭園

気づけばすっかり電車が大好きな息子。
前に来たことがある KITTEの屋上庭園から東京駅の線路が望めることを思い出し、来てみました。

2016-01-03-15.15.05

すると、小さな先客がいっぱいw
みなさん同じことを考えるようです。

「でぃーしゃ!でぃーしゃ!」と興奮する姿を見て興奮する親。

真下にははとバスの停留所もあり、乗り物好きのお子さんがいる人にオススメです。

2016-01-03-15.15.40

2016年のはじまりに

あけましておめでとうございます。
2016年が始まりました。
2015年が過去になってしまいました。

いつでも同じように時が過ぎているはずなのですが、
年が変わるのはいつも特別。
少し寂しくて、そして新しい年にワクワクしています。

2016年の抱負は、「不完璧主義」!
完璧じゃなくてもいいから始めてみる。

種をいっぱい撒く年にしたいです。

ミニしめ縄

丸の内・有楽町

夫が息子をみてくれるというので、一人でお出かけしてきました。

好きなところに行っていいと言われれば、だいたい丸の内・有楽町エリアに行きます。
理由は行きやすいからですw

大きい本屋さんもありますし、大きい無印良品もあります。
無印良品はあんなにたくさんの人が来るというのに、それに甘んじることなく
Meal MUJIはパンもコーヒーもとても美味しいのが素晴らしいです。

2015-12-30-13.20.38

写真は国際フォーラムの中庭。
偶然人が少なくてドラマティックな写真が撮れました。
好きな場所の一つです。

毎日子育てに追われる日々が続きましたが、マイペースに自分の行きたいところへ行き、気になる本もチェックして、2015年の年の瀬の”今”を感じてきました。

リフレッシュして息子に会うとお互いにとって良いようです。
夫に感謝の一日でした。

cosine 子ども時計

昔、旭川に旅行した際、市内を観光していた時のこと。
旭川は木工家具の町なので、いろんなお店を探索しました。

その時に何気なく入ったお店がcosineで、この時計の存在も頭の片隅に残っていました。
その名も「子ども時計」。
小さく外側に分表示がついていて、子どもでも読みやすいということなんですね。

うちの子がもう少し大きくなったら時計の読み方の練習にいいかも、、。というのと
メープルの質感に緑の文字がかわいいので気に入ったというのが一番の理由でした。

寝室に置いているので夜は全く見えません。
夫が針の先に光るテープを貼ってくれました。
(それでもあまり見えませんが、、w)

2015-12-15-14.36.30

cosine 子ども時計

水木しげる先生

漫画家の水木しげる先生が亡くなりました。
いつまでも元気でいてほしいと思っていたのでとても悲しいです。

何が悲しいかって、もう私達の世界からはいなくなってしまったという事。
何十年もずっと緻密な絵を描き続け(しかも片手で)、戦争で激戦地に行って普通なら死んでしまう場面に遭遇しても生き残った強運。
もう新しい絵を見られない、貴重なお話を聞けないという事が悲しいです。

一方で、私のような先生と世代の離れた者にまでそう思ってもらえるという事は
すごくいい生き方をしてきた証であると思います。

ご冥福をお祈りします。

しかし、先生の事ですからあの世で楽しくやっていそうです。
妖怪たちとわいわい賑やかに楽しく笑っている姿が目に浮かびます。

cfc9c4f7
出典:http://cafe-rail.blog.jp/archives/51549152.html

 

【イラスト】JOY!

JOY

最近、JOYという言葉が好きです。

いろんな喜びがある中でも、何かを成し遂げる喜び、
大切な人達がそばにいてくれる喜びを
日々噛みしめていきたいです。

息子にもいっぱいJOY!を感じてほしい。

無印良品 有楽町店 リニューアル

子供がいると電車で出かけるのが億劫なのですが、京橋で友人が個展をやっていたので久しぶりに無印良品 有楽町店に行ってきました。
するとリニューアルしたそうで、結構変わっててびっくり!

yurakucho_main
出典:http://www.muji.com/jp/flagship/yurakucho/

まず一番目に付いたのは、各コーナーに本コーナーが設置されていること。
コスメなら美容に関する本、食品なら食べ物に関する本、というように並べられていて、数はそんなに多くないのですが本のチョイスがどれも厳選されて素敵なものばかりでした。
座って本が読めるスペースもあり、子供に読み聞かせをするお父さんの姿も。

yurakucho15
出典:http://www.muji.com/jp/flagship/yurakucho/

最近では銀座ITOYAも改装し、品数は少なく、広々した空間にして文房具を実際試したり、手紙を出せたりするスペースを作っていたのを思い出しました。
テレビでITOYAの社長が、品数はネットにはかなわない。だから実際に商品を体験できる店舗を目指した。と言っていて、世の中そういう流れなのかもしれません。

yurakucho08
出典:http://www.muji.com/jp/flagship/yurakucho/

ベーカリーコーナーの横にコーヒー焙煎機を発見。
20分~30分で焙煎したてのコーヒー豆を提供してくれます!
コーヒー好きにはたまらず、レモンティーのような味だというパナマ産の豆を買ってみました。
どこに行っても酸味の強いコーヒーがなかなか売ってないので、買ってみて正解でした。

20150903muji-16
出典:http://ryutsuu.biz/topix/h090324.html

もう一つ変わった点は、リニューアルしてセルフレジが導入されていました。
初めはドキドキしましたが、やってみるとなかなか快適でした。

以前より有楽町店は大好きな場所でしたが、期待を裏切ることなくまた遊びに行きたいと思えました。

yurakucho14
出典:http://www.muji.com/jp/flagship/yurakucho/

子供と一緒に入れるトイレがあったらさらにいいのになあ~。

気になるイラストレーター 小池 ふみさん

北欧、暮らしの道具店で売っていたカレンダーが目に止まり、
なんていう人が描いているんだろうと調べると小池 ふみさんというイラストレーターさんでした。

IMG_4792
出典:http://fumikoike.blogspot.jp/

無印良品のお仕事もなさっていて、だからどこかで見たことがあったんですね。
白の下地の質感が素敵です。

coffee break_s
出典:http://fumikoike.blogspot.jp/

コーヒーカップも触った感触が伝わってきそうです。
ゆっくりとした時間が流れていて、部屋に飾りたくなる絵ばかりです。

gyoen_s
出典:http://fumikoike.blogspot.jp/

初・ディズニーランド!

初・ディズニーランド!

先日息子と初めてディズニーランドへ行きました。
東京ディズニーランドとは同い年で同郷。
小さい頃から何度も行っていたので、そこに息子を連れて行くことに感慨深いものがありました。
遊びに連れて行ってあげるというよりは、生まれたご挨拶に行くお宮参りみたいな感じです。

とりあえず息子をプーさんに変身させます。
これをやってみたかったんですw

2015-11-03-10.32.27

そしてIt’s a Small World。
一番大好きなアトラクション。
息子を膝に乗せて「かわいいね、綺麗だね。」と話しかけますが、眠くてそれどころではない様子、、。
でも夢が叶いました。ありがとう息子!

2015-11-03-09.49.58

その後は、蒸気船マークトウェイン号とジャングルクルーズに乗りました。

何十回も行っているディズニーランドですが、ベビーセンターには初めて行きました。
トゥモローランドには元々あるベビーセンターがあり、どことなくレトロでかわいいです。
トゥーンタウンにも新しく出来たものがありました。(と言っても結構前ですが、、)

それともう一つ今回初めてだったのが、トゥーンタウンのミッキーの家。
ミッキーの家に遊びに行って、一緒に写真が撮れるというアトラクションです。
この日は一時間待ちでしたが、息子がお昼寝したので今のうちに!と並びました。
待ち時間の間もミッキーの家の中を見れて退屈しないです。
昔、ミッキーマウスレビューというアトラクションがあって、そこで初期の頃のディズニー映画(蒸気船ウィリーなど)を観れるのがお気に入りでしたがなくなってしまいました。
とても残念でしたが、ミッキーの家でミッキーとの対面の直前に観れる事を知り感激でした。

ちょうどいいタイミングで起きてくれて、いよいよミッキーと対面!
扉が開くとそこにミッキーが!!!
ミッキーが近づくだけで「ぐふふっ!」と笑う息子。
いないいないばあまでしてくれて、私とはハグしてくれました。
ミッキーに会えるのがこんなに嬉しいとは思いませんでした。

2015-11-03-15.16.59

確実に一番楽しんでいたのは私です。
実は前の晩は一睡もできませんでした。
この話をすると、遠足前の子供みたいと言われます。

もうちょっと成長したら乗れるアトラクションも増えるので、次回も楽しみです!