今日の絵本

絵本「ポケットのないカンガルー」

図書館で借りた絵本の中から特に私のお気に入りの絵本を紹介します。

今日はH.A.レイさんの「ポケットのないカンガルー」です。

ポケットがなくて、わが子を運べないカンガルーのお母さんは町へ買い物に!明るく力強いお母さんの姿が感動的な楽しい絵本。
-偕成社HPより抜粋-

「おさるのジョージ」でお馴染みのH.A.レイ原作の絵本です。

黄色い表紙もジョージを彷彿とさせます。

主人公のお母さんカンガルーはポケットがなくて我が子を運ぶことができないのが悩み。

なんとか良い方法がないか色んな動物達に聞いて回ります。

大胆な構図と展開、色鮮やかで楽しい絵柄で最後はどうなるのだろうとワクワクしながら読みました。

ハッピーエンドで終わる最後のページが可愛くて息子もお気に入りでした。

H.A.レイさんの絵本はどれも楽しくて、手に取りたくなります。

絵本「こんとあき」

図書館で借りた絵本の中から特に私のお気に入りの絵本を紹介します。

今日は林明子さんの「こんとあき」です。

こんは、あきのおばあちゃんが作ったキツネのぬいぐるみです。あきが成長するにつれ、こんは古びて、腕がほころびてしまいました。あきはこんを治してもらうため、こんと一緒におばあちゃんの家にでかけます。あきは、電車でこんとはぐれたり、犬に連れさられたこんを探したりと、何度も大変なめにあいます。こんとあきは無事におばあちゃんの家にたどりつくことができるのでしょうか? 互いがかけがえのない存在であるこんとあきの冒険の物語。
-福音館書店HPより抜粋-

ぬいぐるみのこんが当たり前のように喋って動き、周りの大人たちもそれが当たり前かのように

接しているのに不思議とリアルな感じがしました。

林明子さんのデッサン力の賜物だと思いました。

何があっても「大丈夫。大丈夫。」と言うこんが愛らしかったです。

電車も出てくるので息子にも気に入ってもらえると思いきや、

こんがしっぽを電車のドアに挟まれるところが怖かったそうです^^;

手元に置いて何度も読みたい絵本です。

【今日の絵本】いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

2015-09-20-12.46.00

前に紹介した「あかあかくろくろ」と同じシリーズ。

「あかあかくろくろ」が気に入ったので、こちらも購入しました。

「あかあかくろくろ」に比べてカラフルで、
ページをめくるごとに大胆な構図の絵が目に飛び込んできて楽しいです。

こちらも最後のページに穴が空いていて、同じように遊べます。

読むと楽しい気持ちになるので、つい本棚から選んでしまいます。

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

【今日の絵本】いっしょにあそぼ あかあかくろくろ

2015-09-20-12.43.34

有名な人気シリーズ。

私が息子が生まれて初めて買った絵本。セリフを覚えるくらい読みました。
月齢の低い赤ちゃんでも目を引く、赤と黒のシンプルなかたち。
リズミカルなことば。

分厚い紙で出来ているため、まだ手が器用に使えない時期でもページをめくる事ができます。

一歳になった今も、最後のページの穴の開いた部分に指を入れて遊んでいます。

長く遊べて飽きがこないのでオススメです。

いっしょにあそぼ あかあかくろくろ