未分類

書籍「レイ・アレン自伝 史上最高のシューターになるために」

夫の玲央が翻訳を手がけた書籍「レイ・アレン自伝 史上最高のシューターになるために」が発売中です!(2019/1/7発売)

「レイ・アレン自伝 史上最高のシューターになるために」(amazon)(楽天)

一昨年10月に発売された「コービー・ブライアント 失う勇気」に次いで二冊目の翻訳本になります。

玲央はアメリカで生まれ、17歳までアメリカで生活し、本場のバスケットボールに触れて育ちました。

日本で有名なNBA選手といえばマイケル・ジョーダンですが、他にも素晴らしい選手はたくさんいて、それを伝えていくのが玲央にぴったりの仕事だと感じています。

私も全然詳しくなくて、玲央の書籍が出る度に選手の名前を知っていく有様なのですが、レイ・アレンはスリー・ポイント・ショット(ゴールすると3点が得点されるスリーポイントラインで区画されたスリーポイントエリア内で放たれたショットのこと)の現在のNBA記録保持者なのだそうです。

NBAファンはもちろん、周りでバスケットボールをやっている方にも是非教えていただきたいと思います!

 

林明子展

やっている事を知った時には東京会場は会期が終わっていた「林明子展」。

追加開催が決まったと言うので行ってきました。

場所は松屋銀座8階イベントスクエアで、今月29(日)までやっています。

私が行ったのは土曜日の午後でしたが、とっても混んでました!

夏休みですし、最終日に向けてどんどん混むと思われます。

隣で羽海野チカ展もやっており、そちらもすごい人気。

子供も楽しめる工夫がされてましたが、混んでいるし原画を観てもピンとこないと思うので、個人的に子供は家で絵本を読んであげた方が喜ぶと思いました^^;

林明子さんの原画は絵本以上に綺麗で本当に行けて良かったと思いました。

しっかりお土産も買って帰宅。

(MILKは「はじめてのおつかい」に出てくる牛乳でラスクが入ってます。)

林明子さん好きな方は是非行って観て下さい^^

イッツ・ア・スモールワールドにさようなら

注)イッツ・ア・スモールワールドは無くなりません(笑)

2018年春に向けてリニューアルするそうです。

イッツ・ア・スモールワールドは大好きなディズニーランドの中でも一番大好きな場所。
始めそれがリニューアルと聞いてショックを受け、
この前お別れをしにディズニーランドに行ってきました。

ディズニーランドはアトラクションのリニューアルをすることで
リピーターも飽きることなく、また来たくなる場所として発展してきました。

イッツ・ア・スモールワールドはリニューアルしてディズニーのキャラクターが
登場するそうです。

でも、イッツ・ア・スモールワールドだけはそのまま残してくれてもいいじゃないか〜!
一つディズニーランドの歴史を感じるような象徴のような存在のアトラクションが
あってもいいじゃないか〜!
と、オリエンタルランドの人に伝えたくなりました。

可愛くて、賑やかで、平和的で、各国ごとにイッツ・ア・スモールワールドの曲をその国風に
アレンジして作っているところもお気に入りでした。

あまりに落ち込んでる私に夫が
「アメリカのイッツ・ア・スモールワールドはもうディズニーのキャラクターがいるみたいだよ。」
と、写真をみせてくれました。

イッツ・ア・スモールワールドの世界観を壊すことなく、キャラクターがアレンジされていて
これなら良いかも!と思いました。

寂しいのには変わりないんですけどね、、。

最後記念に、イッツ・ア・スモールワールドに乗って10分間動画を撮りました。

家に帰ってから大好きなメアリー・ブレアの画集を読みふけりました。
(メアリー・ブレアはイッツ・ア・スモールワールドのデザイン開発をした人です。)

いままでどうもありがとう!

リニューアル後も楽しみにしています。

 
追記
ゴンドラから降りるとこんな可愛いものをくれました。

アトリエキノコ facebookカバー写真 2016年5月

アトリエキノコのfacebookのカバー写真、五月です。

 

外に出かけるのが気持ちの良い季節になりました。

この季節のみずみずしい緑が好きです。

小さい頃、山へ連れて行ってもらうと
普段見かけない白樺の白い幹と、緑のコントラストがきれいで
いつまでも眺めていました。

アトリエキノコ facebook

fb_cover_891_355_2